調剤薬局事務の資格と仕事まるわかり

特定医療材料料

調剤薬局では患者さんへ薬を処方するという業務がメインとなりますが、
薬の種類というものは様々あります。
調剤薬局事務を目指す皆さんは御存知ですよね。

調剤薬局で処方される薬のイメージとしては、
服用(飲む)や外用(塗る・貼る)というものが思い浮かぶかも知れません。
しかし、それだけない場合も存在しています。

例えばインシュリンがそれに該当します。
主に糖尿病の症状で苦しまれている患者さんへ処方される薬の1種ですが、
インシュリンは服用・外用のいずれにも該当せず、
注射によって体内へ薬剤を注入する必要があります。

要するに、インシュリンを処方される患者さんとしては、
注射器が必要不可欠な道具となるわけですね。
調剤薬局事務として、この道具にも注目しておく必要があります。

インシュリンは薬剤で間違いありませんが、
注射器は薬剤ではありませんので、
調剤薬局事務上でレセプト(調剤報酬明細書)を作成する場合でも、
別の区分で扱う必要が出てきます。

注射器などのことを医療材料と呼んでいます。
患者さんへ医療材料を与える場合、
薬を処方とは異なった別の費用が発生します。

調剤薬局事務で作成するレセプト上では、
別の費用として報酬を請求しなければなりません。
調剤報酬の内訳としては「特定医療材料料」と呼んでいます。

特定医療材料料は、患者さんへ与える医療器具(医療材料)ごとに、
細かく種類分けされて点数が設定されています。
注射器でも針の部分だけで点数が設定されていたりと、
これだけでも細かさが分かると思います。

調剤薬局事務としては、このあたりの点数を誤ることなく、
正確に計算して、レセプト上へ記載する必要があります。

 

当サイトおすすめ講座
シカトル
介護・福祉・医療の資格のとり方や学校紹介資格講座の資料請求できます。
「講座内容」「日程」「料金」 の詳細を資料請求し、 ご自宅で比較検討していただけます。

シカトルの資料請求

がくぶん
通信教育85年の実績のがくぶん総合教育センター。
豊富な講座と充実したシステム、確かな実績と伝統で、全国300万人の受講生から高い評価を得ています。

がくぶんの資料請求

特定医療材料料関連エントリー


コスメ