調剤薬局事務の資格と仕事まるわかり

薬剤料

調剤薬局で処方される薬というものは、
患者さんの病気などにより異なっているため、
実に多くの種類が存在しています。

調剤薬局事務がレセプト(調剤報酬明細書)作成のために計算する、
調剤報酬の中でも中心的なものとして位置付けられているのは、
「薬剤料」と呼ばれているものです。

調剤薬局が処方した薬の種類に応じて、
報酬が異なってくる特徴を持っています。
調剤薬局事務はきちんと把握しておく必要があります。

調剤薬局事務が行なう計算上、
薬剤料も点数で加算する形で取り扱います。

点数として表現されてはいますが、
もちろん、処方された薬のお値段と関連する形で、
点数が定められていることになります。
調剤薬局事務は適切に計算を行なう必要があります。

単に薬そのものの値段というわけではなく、
薬の種類ごとに定められている、
ある一定の単位あたりの値段で判断することになります。

厚生労働省が定めている調剤報酬点数表において、
現在のところは薬の単位値段15円が一種の境界ラインとなります。

薬の単位値段が15円を超える場合には、
定められた単位ごとに1点の点数が加算されるようです。

逆に単位値段が15円以下である場合には、
10円ごとに1点が加算される仕組みとなっています。

この調剤報酬点数表は一定期間で改定が行なわれていますので、
調剤薬局事務に携わる方は、頻繁にチェックしておく必要があるでしょう。
調剤薬局事務の業務に関しては、

勉強が終わることが無いという感じでしょうか。

 

当サイトおすすめ講座
シカトル
介護・福祉・医療の資格のとり方や学校紹介資格講座の資料請求できます。
「講座内容」「日程」「料金」 の詳細を資料請求し、 ご自宅で比較検討していただけます。

シカトルの資料請求

がくぶん
通信教育85年の実績のがくぶん総合教育センター。
豊富な講座と充実したシステム、確かな実績と伝統で、全国300万人の受講生から高い評価を得ています。

がくぶんの資料請求

薬剤料関連エントリー


コスメ