調剤薬局事務の資格と仕事まるわかり

薬学管理料

調剤薬局で取り扱っている薬は、
とても大きな効果を持っているものが多く存在しています。
それは正しく利用すれば心強いものである反面、
誤って利用すれば患者さんの身体へ悪い影響が出る場合もありますよね。
調剤薬局事務の資格でも必要な知識として扱われています。

そういう意味では、調剤薬局のお仕事というのは、
薬を調剤して処方するだけでは無いと言うことができるでしょう。

調剤薬局事務としても必要な知識になりますが、
複数の薬を同時に服用する場合、その組み合わせ次第では、
薬の効果がなくなってしまったり、
ひどい場合には副作用として、
患者さんの身体にダメージを与えることも考えられます。

以前の記事でもご紹介しましたが、
厚生労働省が推し進めている医薬分業には、
これを防ぐという目的も含まれているのです。

調剤薬局で薬を処方する場合には、
薬についての情報を患者さんへ適切な形で伝える必要があります。
薬剤師の役割でもあり、場合によっては調剤薬局事務も行ないます。

この説明を含む情報伝達についても、
「薬学管理料」と呼ばれている調剤報酬が発生するのです。
調剤薬局事務はレセプト(調剤報酬明細書)へ、
計算して確実に記載しなければなりません。

口頭による説明だけではなく、
薬の詳細な効能・成分・考えられる副作用など、
薬を処方される時には資料を受け取ることになると思います。
写真も印刷されていて分かりやすいですよね。

この資料も指導という位置づけになり、
薬学管理料が発生することになるのです。
調剤薬局事務としては確実に把握しておきたいところですね。

 

当サイトおすすめ講座
シカトル
介護・福祉・医療の資格のとり方や学校紹介資格講座の資料請求できます。
「講座内容」「日程」「料金」 の詳細を資料請求し、 ご自宅で比較検討していただけます。

シカトルの資料請求

がくぶん
通信教育85年の実績のがくぶん総合教育センター。
豊富な講座と充実したシステム、確かな実績と伝統で、全国300万人の受講生から高い評価を得ています。

がくぶんの資料請求

薬学管理料関連エントリー


コスメ