調剤薬局事務の資格と仕事まるわかり

調剤技術料

調剤薬局事務で携わる業務としては、
レセプト(調剤報酬明細書)の作成こそが、
最重要業務として位置付けられると考えられます。

調剤報酬を請求するために必要なものであり、
内容も複雑な計算を行なって算出することになります。
調剤薬局事務を目指す過程でも必ずマスターしなければなりません。

調剤報酬は処方した薬の代金だけではなく、
処方に際して調剤薬局が行なったアクションについて、
細かく定められている報酬を適用することになります。

正しい理解と知識がなければ、
この報酬を導き出すことは出来ないものとなっています。
調剤薬局事務の腕の見せ所ですね。

まず、内訳となるものに「調剤技術料」があります。
患者さんへ薬を処方する際に発生するものですから、
必ず報酬が生じることになりますね。

さらに調剤技術料にも内訳があり、
1つは「調剤基本料」と呼ばれているものです。

調剤基本料は調剤薬局自体の規模・業務内容などの基準によって、
点数が異なってくる要素となります。
調剤薬局事務ではしっかりと把握しておく必要がある項目です。

もう1つは「調剤料」と呼ばれているものです。
複数の薬剤を混ぜ合わせるなどといった、
調剤行為へ対して発生する報酬になります。

他にも外用薬か服用薬であるのか、
注射器により摂取するタイプであるのか、
などという細かい分類によって管理されています。

調剤薬局事務は全てのケースで、
正しくレセプト請求書を作成する必要があります。

 

当サイトおすすめ講座
シカトル
介護・福祉・医療の資格のとり方や学校紹介資格講座の資料請求できます。
「講座内容」「日程」「料金」 の詳細を資料請求し、 ご自宅で比較検討していただけます。

シカトルの資料請求

がくぶん
通信教育85年の実績のがくぶん総合教育センター。
豊富な講座と充実したシステム、確かな実績と伝統で、全国300万人の受講生から高い評価を得ています。

がくぶんの資料請求

調剤技術料関連エントリー


コスメ