調剤薬局事務の資格と仕事まるわかり

調剤報酬とは

調剤薬局事務としては知っておきたいものですが、
調剤薬局が収入・収益を得ている仕組みとして、
やはり薬代が大きなウエイトを占めていると言えます。

患者さんが支払う薬代も、当然収入に影響しています。
しかし、実際に支払っているお薬代は、
ほとんどのケースで安い金額ですよね。

それは患者さんが何らかの保険に加入しているからなんですね。
そのお陰で、患者さん自身はお薬代の3割だけを負担していることになるのです。

さて、残りの7割部分については、別のところへ請求する必要があります。
患者さんが加入している保険を管理している団体へ対してですね。
保険組合などが該当しますが、
調剤薬局事務では「保険者」と呼んでいます。

患者さんにお薬を処方した場合、
患者さんと保険者の2者へ料金を請求する必要があるというわけですね。

保険者へ請求するものは報酬という扱いになります。
調剤薬局から請求する報酬のことを「調剤報酬」と呼んでいます。

この金額は調剤薬局が勝手に決めているわけではなく、
厚生労働省が定めている「調剤報酬点数表」に基づいて、
わりと複雑な計算を行なう必要があります。

調剤薬局事務は、この計算を行なう業務で活躍することになります。

調剤報酬は内訳として複数の種類があり、
それぞれに調剤報酬点数についてのルールが設けられています。
正確な知識がなければ計算することができませんから、
調剤薬局事務の方には専門的なスキル・知識が必要となりますね。

調剤薬局事務に関する資格試験でも登場しますが、
レセプト(調剤報酬明細書)の作成というノウハウは、
必ず修得することが要求されるものです。

 

当サイトおすすめ講座
シカトル
介護・福祉・医療の資格のとり方や学校紹介資格講座の資料請求できます。
「講座内容」「日程」「料金」 の詳細を資料請求し、 ご自宅で比較検討していただけます。

シカトルの資料請求

がくぶん
通信教育85年の実績のがくぶん総合教育センター。
豊富な講座と充実したシステム、確かな実績と伝統で、全国300万人の受講生から高い評価を得ています。

がくぶんの資料請求

調剤報酬とは関連エントリー


コスメ