調剤薬局事務の資格と仕事まるわかり

医療機関

調剤薬局事務のお仕事として、
活躍できる職場をご紹介しましょう。
今回は「医療機関」です。

具体的には病院や診療所・クリニックなどですね。
本当に調剤薬局事務として働く職場というものは、
幅広く存在していることになりますよね。

アプローチできる職場が多いということは、
単純に就職がしやすいと言うこともできますからね。

医療機関の中でも総合病院など大きな施設であれば、
病院の中に調剤薬局を併設しているケースもあります。

このような調剤薬局であれば、
同施設内の医師が作成した処方箋に基づいて、
薬を調剤して患者さんへ処方する業務を行なうことになります。

組織である以上は役割分担(分業化)必要であり、
調剤薬局においても部署などを設けて役割を細分化していることがあります。

薬剤師が調剤から事務まで何でもやるという環境ではなく、
薬剤師には薬剤師のスペシャルな部分を専業としてもらい、
その他の事務処理を調剤薬局事務が行なうという分業化が、
最も多く見られるものと言えます。

このような調剤薬局においても、
保険者へ対して調剤報酬を請求する行為は必須となります。
レセプト(調剤報酬明細書)の作成は、
調剤薬局事務がメインとして遂行する業務となるでしょう。

調剤薬局事務の資格試験などでは、
必ずレセプト作成の知識・スキルが試されることになりますよね。

調剤に関連する報酬点数に基づいて、
報酬の計算を行なうなど、
十分に専門知識を必要とする部分ですね。

 

当サイトおすすめ講座
シカトル
介護・福祉・医療の資格のとり方や学校紹介資格講座の資料請求できます。
「講座内容」「日程」「料金」 の詳細を資料請求し、 ご自宅で比較検討していただけます。

シカトルの資料請求

がくぶん
通信教育85年の実績のがくぶん総合教育センター。
豊富な講座と充実したシステム、確かな実績と伝統で、全国300万人の受講生から高い評価を得ています。

がくぶんの資料請求

医療機関関連エントリー


コスメ