調剤薬局事務の資格と仕事まるわかり

調剤薬局

調剤薬局事務のお仕事として、
活躍できる職場をご紹介しましょう。
今回は「調剤薬局」です。

調剤薬局事務の職場としては代表的なものですね。
調剤薬局事務の講座や資格試験類も、
このパターンを想定してあるものが大半でしょう。

調剤薬局の主な業務としては、
医療施設の医師が作成した処方箋(院外処方箋)に基づいて、
薬の調剤などを行い、患者さんへ処方することになります。

調剤薬局には必ず薬剤師が勤務しています。
薬剤師は医師、看護師と並ぶ高度な専門職であり、
業務独占資格であるため、
薬剤師の資格なしに業務を代行することは認められていません。

調剤薬局事務は、薬剤師が薬の処方業務へ専念できよう、
薬剤師独自の専門作業以外の部分をサポートする役割を持っています。

調剤薬局事務が担当する業務としては、
調剤薬局を利用している患者さんの情報管理も含まれています。
いつ、どういった薬を、どれだけ、どういった形で処方したのか。
そんな詳細な履歴を管理していく大切な業務です。

また、調剤薬局事務は調剤薬局の顔として、
訪れた患者さんの受付窓口という業務も遂行します。
場合によっては電話などの問い合わせもあるかも知れませんね。
そういったものにも調剤薬局事務が対応します。

薬剤師の指導・指示に従って、
患者さんへ処方薬の説明を行なう場合もあります。
これは小さな調剤薬局ほど、見られる傾向であるそうです。

調剤薬局事務はオールマイティな能力を求められるため、
一般的な企業の事務職と比較すると、
いろいろな知識・スキルが必要とされることになりますね。

 

当サイトおすすめ講座
シカトル
介護・福祉・医療の資格のとり方や学校紹介資格講座の資料請求できます。
「講座内容」「日程」「料金」 の詳細を資料請求し、 ご自宅で比較検討していただけます。

シカトルの資料請求

がくぶん
通信教育85年の実績のがくぶん総合教育センター。
豊富な講座と充実したシステム、確かな実績と伝統で、全国300万人の受講生から高い評価を得ています。

がくぶんの資料請求

調剤薬局関連エントリー


コスメ