調剤薬局事務の資格と仕事まるわかり

薬を処方する施設として

調剤薬局事務は、単に計算が出来れば誰でも良いというような、
一般的な事務職とは異なる特徴を持っています。
では、調剤薬局事務が存在していることで、
調剤薬局などへどのようなメリットが生じているものなのでしょう。
そういった観点から、調剤薬局事務の魅力に迫ってみましょう。

医薬分業により、複数の病院にかかっている患者さんであっても、
院外処方箋を持って調剤薬局を訪れることで、
薬を1ヶ所から受け取る構造が確立できることになります。

複数の薬を同時に服用する場合、
やはり深刻な副作用が生じる組み合わせを、
患者さんにお渡しする前に見抜かなければなりません。

このために調剤薬局事務が行う重要な業務として、
薬歴簿をデータベースで管理するというものがあります。
薬歴簿とは、患者さんに処方した薬の履歴を管理しているもので、
処方する際にデータベースから患者さんの情報を検索することで、
過去にどのような薬を処方されているかなど、

詳しく残っている記録を調べることが可能なのです。

この点だけを見ても、調剤薬局にとって調剤薬局事務は、
かなり重要な役割を持っている存在と言えるのです。

薬のエキスパートは薬剤師であり、
調剤薬局には必ず常勤で1名いらっしゃると思いますが、
薬剤師は薬の調剤作業などに専念することが大半です。

調剤薬局を運営する上で必要なレセプト業務などは、
やはり調剤薬局事務の仕事となることが多くなります。

また、お客さん(患者さん)へ対する窓口にもなりますので、
調剤薬局のイメージを決定付ける顔とも言える重要な存在でもあるのです。
トータルで質が高い人材が求められるというのも、
納得できるところですよね。

 

当サイトおすすめ講座
シカトル
介護・福祉・医療の資格のとり方や学校紹介資格講座の資料請求できます。
「講座内容」「日程」「料金」 の詳細を資料請求し、 ご自宅で比較検討していただけます。

シカトルの資料請求

がくぶん
通信教育85年の実績のがくぶん総合教育センター。
豊富な講座と充実したシステム、確かな実績と伝統で、全国300万人の受講生から高い評価を得ています。

がくぶんの資料請求

薬を処方する施設として関連エントリー


コスメ