調剤薬局事務の資格と仕事まるわかり

医薬分業の流れ

これまでも何度か登場していますが、
医療業界では医薬分業という流れが存在しています。
調剤薬局事務も決して無関係ではない概念です。

国の方針として、厚生労働省が推し進めている医薬分業は、
確固たる政府の方針として存在しているため、
現在進行形で流れが加速している状況なのです。

具体的には、これまで病院で行なっていた薬の処方に関わる業務を、
院外処方箋を作成して患者さんへ渡すところまでに留めて、
病院の組織的な負担を減らしていこうとする流れですね。

ただでさえ多忙を極めている医師などが、
薬の調剤まで自分で行なってしまうことで、
患者さんの診察が滞ってしまうという状況を打破しようというものですね。
あるいは、病院のコストダウンという狙いもあるでしょう。

単に薬の処方を廃止するだけでは患者さんが困ってしまいますから、
調剤薬局などを増やして、そこで院外処方箋を元に薬を調剤し、
患者さんへ提供させようというシステムですね。

調剤薬局事務関連の資格試験でも、
こういった医薬分業の話が出題されることもありますから、
調剤薬局事務を目指す方はしっかりと理解しておきましょう。

このため、調剤薬局の店舗数は年々増加しているそうです。
大抵は病院に隣接したり、付近であったり、
そういった立地で調剤薬局が存在しています。

調剤薬局が増える=働き手も必要ということで、
調剤薬局事務へのニーズも高まることになりますよね。

また、調剤薬局事務の仕事としては患者さんの接客業務もあります。
患者さん、薬剤師とコミュニケーションを取って、
安全・確実に、患者さんにお薬を提供しなければなりませんね。

薬を処方した結果生じるレセプト業務も、
調剤薬局で働く調剤薬局事務として必要不可欠なものです。

 

当サイトおすすめ講座
シカトル
介護・福祉・医療の資格のとり方や学校紹介資格講座の資料請求できます。
「講座内容」「日程」「料金」 の詳細を資料請求し、 ご自宅で比較検討していただけます。

シカトルの資料請求

がくぶん
通信教育85年の実績のがくぶん総合教育センター。
豊富な講座と充実したシステム、確かな実績と伝統で、全国300万人の受講生から高い評価を得ています。

がくぶんの資料請求

医薬分業の流れ関連エントリー


コスメ