調剤薬局事務の資格と仕事まるわかり

世間のニーズと現状

調剤薬局事務の仕事を取り巻いている現状として、
世間のニーズなどは実際どのようになっているのでしょうか。

事前の勉強に始まり、資格取得まで頑張った挙句に、
実は調剤薬局事務の人材ニーズはありませんでした、
ということでは悲しい限りですよね。

調剤薬局事務のニーズを見込む上で、
重要な要素となるのは「医薬分業」という流れです。

これは国の方針として厚生労働省が推し進めているもので、
薬の調剤・処方を医療機関(病院・診療所など)から、
可能な限り独立させていくという考え方になります。

これまでは病院で全てが一貫して行なわれていたわけですから、
薬の処方をするための施設を増やしていけなければ、
この考え方は実現しないものですよね。

世の中の流れとしては、調剤薬局が必要だ、ということですね。
実際の統計データとしても、調剤薬局の店舗数は増加傾向にあるそうです。
結果、そこで働く調剤薬局事務の仕事へのニーズも高まる構図があります。

今後の展望として、ドラッグストアなどのチェーン店にて、
院外処方箋を取り扱う流れも考えられます。
調剤薬局よりも多く・広く展開している業界ですから、
医薬分業に一役買うのではないか、という見方ですね。

ドラッグストアが調剤薬局が行なっている業務へ手を出す場合、
どうしても調剤報酬などを計算するレセプト業務が発生するため、
調剤薬局事務の人材へのニーズが急に高まる可能性もあります。

しかしながら医師・看護師・薬剤師と異なり、
調剤薬局事務は資格がなくとも従事することができますから、
労働者人口も広いという点も忘れてはいけないと思います。

 

当サイトおすすめ講座
シカトル
介護・福祉・医療の資格のとり方や学校紹介資格講座の資料請求できます。
「講座内容」「日程」「料金」 の詳細を資料請求し、 ご自宅で比較検討していただけます。

シカトルの資料請求

がくぶん
通信教育85年の実績のがくぶん総合教育センター。
豊富な講座と充実したシステム、確かな実績と伝統で、全国300万人の受講生から高い評価を得ています。

がくぶんの資料請求

世間のニーズと現状関連エントリー


コスメ