調剤薬局事務の資格と仕事まるわかり

向いている人材

調剤薬局事務としての仕事に限らず、
どのような職業にも向いている向いていないといった、
適正というものは存在しています。

単純に調剤薬局事務へ向いている人材像を考察してみましょう。
全ての人・職場に当てはまることではありませんので、
参考程度にご覧ください。

調剤薬局事務のメインは事務作業となります。
特に手掛けることになるレセプト作成・請求などの業務においては、
金額の計算が必ず伴うものとなっています。

数字を扱うことになりますので、
計算(算数?数学)は得意な人材であるに越したことは無いですね。
きっと、雇い主(調剤薬局)側も、そのように考えるはずです。

調剤薬局事務は保険者へ請求する報酬を計算することになります。
お客さん(患者さん)への請求も同様ですが、
この請求する金額にミスというのは避けるべきですよね。

正しい計算を、確実な手順でこなし、
きちんと結果を確認できる必要があります。
要するに、几帳面さを持っている人材ということになりますでしょうか。

また、一般的なデスクワーク中心の事務職の職場と異なり、
調剤薬局事務はお客さん(患者さん)の接客も担当することになります。
企業で言えば、受付をしながら事務を担当するようなものですね。

処方薬の説明なども行なわなければいけませんので、
対人コミュニケーションのスキルも必要となります。

こうしてみると、調剤薬局事務に必要な要素はわりと多くありますね。
しかし、最初から全てを100%こなせる必要はありません。
調剤薬局事務の勉強をしながらでも、
コツコツと1つずつ自分のものにしていきましょう。

 

当サイトおすすめ講座
シカトル
介護・福祉・医療の資格のとり方や学校紹介資格講座の資料請求できます。
「講座内容」「日程」「料金」 の詳細を資料請求し、 ご自宅で比較検討していただけます。

シカトルの資料請求

がくぶん
通信教育85年の実績のがくぶん総合教育センター。
豊富な講座と充実したシステム、確かな実績と伝統で、全国300万人の受講生から高い評価を得ています。

がくぶんの資料請求

向いている人材関連エントリー


コスメ