調剤薬局事務の資格と仕事まるわかり

当サイトおすすめ講座
シカトル
介護・福祉・医療の資格のとり方や学校紹介資格講座の資料請求できます。
「講座内容」「日程」「料金」 の詳細を資料請求し、 ご自宅で比較検討していただけます。

シカトルの資料請求

がくぶん
通信教育85年の実績のがくぶん総合教育センター。
豊富な講座と充実したシステム、確かな実績と伝統で、全国300万人の受講生から高い評価を得ています。

がくぶんの資料請求

調剤薬局事務のお仕事分析

向いている人材
調剤薬局事務としての仕事に限らず、どのような職業にも向いている向いていないといった、適正というものは存在しています。単純に調剤薬局事務へ向いている人材像を考察してみましょう。全ての人・職場に当てはまることではありませんので、参考程度にご覧ください。調剤薬局事務のメインは事務作業となります。特に手掛けることになるレセプト作成・請求などの業務においては、金額の計算が必ず伴うものとなっています。数字を扱うことになりますので、計算(算数?数学)は得意な人材であるに越したことは無いですね。きっと、雇い主(...
世間のニーズと現状
調剤薬局事務の仕事を取り巻いている現状として、世間のニーズなどは実際どのようになっているのでしょうか。事前の勉強に始まり、資格取得まで頑張った挙句に、実は調剤薬局事務の人材ニーズはありませんでした、ということでは悲しい限りですよね。調剤薬局事務のニーズを見込む上で、重要な要素となるのは「医薬分業」という流れです。これは国の方針として厚生労働省が推し進めているもので、薬の調剤・処方を医療機関(病院・診療所など)から、可能な限り独立させていくという考え方になります。これまでは病院で全てが一貫して行な...
医薬分業の流れ
これまでも何度か登場していますが、医療業界では医薬分業という流れが存在しています。調剤薬局事務も決して無関係ではない概念です。国の方針として、厚生労働省が推し進めている医薬分業は、確固たる政府の方針として存在しているため、現在進行形で流れが加速している状況なのです。具体的には、これまで病院で行なっていた薬の処方に関わる業務を、院外処方箋を作成して患者さんへ渡すところまでに留めて、病院の組織的な負担を減らしていこうとする流れですね。ただでさえ多忙を極めている医師などが、薬の調剤まで自分で行なってし...
医薬分業の理由
前回ご紹介したお話としては、医薬分業により調剤薬局事務へのニーズが高まりつつある、という内容でしたね。政府が推し進めていることもあり、確実に流れが加速している状況である点も、ご理解いただけたと思います。では、こういった医薬分業を推し進める背景としては、いったいどのような理由があるというのでしょうか。調剤薬局事務としては知っておくべき内容ですよね。その理由として挙げられる1つに、日本の抱える大きな問題ともされている、高齢化社会があるようです。高齢になると、どうしても身体が弱り気味になってしまい、多...
収入(報酬)に見る待遇
調剤薬局事務のニーズが高まりそうな傾向にあるということは、前回までのお話で納得できたと思います。そうなると気になるのは待遇です。現状、調剤薬局事務の待遇としてはどの程度のランクなのでしょうか。待遇を考える場合、やはり報酬(収入)で判断するのが妥当でしょう。ある情報によると、調剤薬局事務の平均年収は、400万円〜500万円が相場となっているようです。なんだ、と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、現在、調剤薬局事務として働かれている方としては、女性が高い割合を占めているという現実を忘れてはいけ...

コスメ