必要なこと

調剤薬局事務は資格がなければ業務に従事できない業種ではありません。
医師や看護師といった業務独占資格ではありませんから、
知識と経験さえあれば、どなたでも就くことができる職業の1つです。

しかし、初めて調剤薬局事務の世界に足を踏み入れようという方にとっては、
現場で働きながら学習できる内容には限界もあり、
なかなか敷居が高いものとして考えられている業種でもあります。

そういった場合、やはり調剤薬局事務に関係する資格を取得することは、
就職後の自身の安心にも繋がりますし、
何より雇用主(調剤薬局)からも信頼が厚い存在になることができます。

調剤薬局事務の資格を取得するためには、
まずは薬についての基本知識は必要と言えます。
これは、どの調剤薬局事務系の資格についても言えることで、
やはり薬の知識に関する出題は広く見られるものなのです。

 

調剤薬局などを含めた、保険調剤というシステムについても、
全体の構造・仕組みを理解しておくべきです。
これに関係する医療保障の制度についても、
ある程度は理解しておく必要があります。

そして調剤薬局事務へ求められる最大のポイントとして、
調剤報酬の算定に関する知識とスキルが必要です。
どの試験にも実技試験として、
レセプトを作成する試験が盛り込まれています。
就業して業務に従事する場合、必ず必要になるものですから、
きちんとした理解をしておかなければ資格どころか、
日々の業務すら遂行が危うくなると言えましょう。

調剤薬局事務は患者さん(お客さん)と接する窓口でもあります。
接遇と呼ばれていますが、接客に関するコミュニケーション能力と、
基本的な対人マナーなどに関する問題も出題されています。

 

当サイトおすすめ講座
シカトル
介護・福祉・医療の資格のとり方や学校紹介資格講座の資料請求できます。
「講座内容」「日程」「料金」 の詳細を資料請求し、 ご自宅で比較検討していただけます。

シカトルの資料請求

がくぶん
通信教育85年の実績のがくぶん総合教育センター。
豊富な講座と充実したシステム、確かな実績と伝統で、全国300万人の受講生から高い評価を得ています。

がくぶんの資料請求

必要なこと関連エントリー


コスメ