調剤薬局事務の資格と仕事まるわかり

「調剤報酬事務士」の概要について

調剤薬局事務への就職を目指す人のために、
いくつかの認定資格が用意されています。
その中の代表的なものとして「調剤報酬事務士」について、
今回は概要をご紹介しましょう。

調剤報酬事務士の資格を取得すると、
履歴書に記入することができるということで、
調剤薬局事務を目指す上でベストな資格として人気を集めています。
就職活動の上では最高の資格と言えるかも知れませんね。

調剤報酬事務士の資格にはランク付けがあり、
1級と2級の段階で分けられています。

2級には受験資格が設けられていないため、
どなたでも受験することが可能です。
但し、1級は2級合格が前提条件となりますので、
いきなり1級を取得するということはできないわけですね。
調剤薬局事務を本気で目指すなら1級が欲しいですよね。

調剤報酬事務士は日本全国で受験することが可能で、
会場としては全国で9箇所となります。
(北海道・東北・北陸・北関東・東関東・中部・阪神・中国・九州)

FAXによる遠隔受験が可能なこともありますので、
条件を主催団体に確認してみるのも手ですね。

受験料について1級と2級で異なり、
1級は5800円、2級は4800円が必要となります。
調剤薬局事務のためにストレートで1級を取得できたとしても、
4800円+5800円の10600円が最低でも必要となりますね。

試験実施後、1ヵ月後くらいで合否が知らされます。
原則的に文書での通知となりますので、郵送されてくることになります。
合格していれば、そこへ認定証も同封されてくるはずです。
調剤薬局事務の就職活動へ役立てましょう。

 

当サイトおすすめ講座
シカトル
介護・福祉・医療の資格のとり方や学校紹介資格講座の資料請求できます。
「講座内容」「日程」「料金」 の詳細を資料請求し、 ご自宅で比較検討していただけます。

シカトルの資料請求

がくぶん
通信教育85年の実績のがくぶん総合教育センター。
豊富な講座と充実したシステム、確かな実績と伝統で、全国300万人の受講生から高い評価を得ています。

がくぶんの資料請求

「調剤報酬事務士」の概要について関連エントリー


コスメ