調剤薬局事務の資格と仕事まるわかり

「調剤事務管理士」の試験内容について

調剤薬局事務への就職を目指す人のために、
いくつかの認定資格が用意されています。
その中の代表的なものとして「調剤事務管理士」について、
今回は試験内容をご紹介しましょう。

調剤事務管理士の考査内容は大きく2つに分かれていて、
それぞれ学科試験と実技試験で構成されています。

学科試験の試験内容としては、
調剤薬局事務に必要不可欠な基礎知識から問題が出題されます。
調剤レセプト・医療保険制度についての基礎知識や、
薬剤用語、調剤報酬点数の算定などがメインとなります。

実技試験の試験内容としては、
調剤薬局事務では必須となるレセプト作成をメインとした考査となります。
3つの異なるパターンの処方箋に従って、
実際にレセプト(調剤報酬明細書)を作成することになります。

 

調剤薬局事務では必ず頭に入れておく必要のある、
調剤報酬のシステムへ対する理解度を、
詳細に確認するスタイルの試験内容です。

調剤報酬点数表を理解し、点数を正確に計算することができるかどうか。
そして、算定した点数に基づいてレセプトを正しく作成できるかどうか。
これらの点をトータルして試される形ですね。
事前にしっかりと勉強して理解しておかないと、
実務で役立てることも出来ませんからね。

学科試験は全てマークシート方式であり、
10問の問題が出題されます。
学科試験+実技試験で、合計2時間をかけて実施されます。

これから調剤薬局事務の仕事を狙う方にとっては、
登龍門ともいえる資格試験になりますので、
チャレンジする価値は高いと言えますね。

 

当サイトおすすめ講座
シカトル
介護・福祉・医療の資格のとり方や学校紹介資格講座の資料請求できます。
「講座内容」「日程」「料金」 の詳細を資料請求し、 ご自宅で比較検討していただけます。

シカトルの資料請求

がくぶん
通信教育85年の実績のがくぶん総合教育センター。
豊富な講座と充実したシステム、確かな実績と伝統で、全国300万人の受講生から高い評価を得ています。

がくぶんの資料請求

「調剤事務管理士」の試験内容について関連エントリー


コスメ