調剤薬局事務の資格と仕事まるわかり

「調剤事務管理士」の概要について

調剤薬局事務への就職を目指す人のために、
いくつかの認定資格が用意されています。
その中の代表的なものとして「調剤事務管理士」について、
今回は概要をご紹介しましょう。

まず、調剤事務管理士の資格の特徴として挙げられるのは、
受験するための資格が必要ないという点があります。
前提条件なしに、どなたでも受験が可能ということですね。
これから調剤薬局事務を目指す方には狙い目の資格と言えます。

この資格試験の主催は日本医療事務センターとなっていて、
同団体が指定する会場にて試験が行なわれることになります。
会場はインターネット上のサイトでも確認可能ですよ。

会場としては他にも、日本全国に存在している医療専門学校にて、
実施されるケースもあります。
このような専門学校などが調剤事務管理士の受験申請を行なっていれば、
会場となっている可能性もあるということですね。

さらに特徴的な会場としては、
自宅による在宅試験も認められる可能性があるのです。
興味がある方は、インターネット上のサイトで詳細を確認してみましょう。
自宅で受けられる手軽さがあれば、調剤薬局事務の前準備として最適です。

調剤事務管理士の試験は奇数月の第4土曜日、
すなわち年間で6回実施されています。
受験に必要となる受験料は5000円です。

調剤事務管理士の試験は学科試験・実技試験に分けられて行なわれます。
そのどちらもが調剤薬局事務としては必要な知識から出題され、
目安としては70%以上の正答率で合格できるそうです。

気になる合格率としては、52.4%(2007年度)と、
ほぼ半分の方が合格されているようですね。

調剤薬局事務としての仕事を希望されている方は、
資格のための勉強に捉われることなく、
必要な知識をしっかりと身につけて備えたいですね。

 

当サイトおすすめ講座
シカトル
介護・福祉・医療の資格のとり方や学校紹介資格講座の資料請求できます。
「講座内容」「日程」「料金」 の詳細を資料請求し、 ご自宅で比較検討していただけます。

シカトルの資料請求

がくぶん
通信教育85年の実績のがくぶん総合教育センター。
豊富な講座と充実したシステム、確かな実績と伝統で、全国300万人の受講生から高い評価を得ています。

がくぶんの資料請求

「調剤事務管理士」の概要について関連エントリー


コスメ