調剤薬局事務の資格と仕事まるわかり

資格の世間的な評価

調剤薬局事務のお仕事を目指す上で、
就職活動で有利になるということで、
いろいろな資格を取得されている方もいらっしゃいます。

調剤薬局事務関連の資格としては、
調剤事務管理士・調剤報酬請求事務専門士など、
以前の記事でもいろいろとご紹介しています。

これらの資格はどのように評価されているのでしょうか。

まず、これらの資格は公的な資格ではありません。
民間の企業・団体などが主催している、
認定試験の一種となります。

確かに、ある一定の基準を設けた上で、
知識・スキルを判断する検定試験ではありますので、
調剤薬局事務としてのランクをアピールするための、
1つの大きな目安にはなるでしょう。

公的な資格でもなく、当然、業務独占資格というわけでもありませんから、
調剤薬局事務の仕事には資格を持たなくても従事することができますね。

実際に、資格を持たずに長年、
調剤薬局事務として働かれている方々も、
多くいらっしゃるのが現状です。

調剤薬局事務に求められている要素としては、
資格よりも経験が大きなウエイトを占めていると言えるでしょう。

調剤薬局事務として働いている方の中には、
薬剤師の助手としての業務がメインで、
レセプト作成やコンピュータ入力といった、
事務系の作業をほとんど行なわないという方もいらっしゃいます。

そういった方に自身でも不安を感じていることが多く、
レセプト関係にノウハウが無いということは、
他の調剤薬局へ努めるようになった時に通用しない可能性がありますよね。

そこで調剤薬局事務の資格を目指して勉強する、
という努力をされている方もいらっしゃるようです。

 

当サイトおすすめ講座
シカトル
介護・福祉・医療の資格のとり方や学校紹介資格講座の資料請求できます。
「講座内容」「日程」「料金」 の詳細を資料請求し、 ご自宅で比較検討していただけます。

シカトルの資料請求

がくぶん
通信教育85年の実績のがくぶん総合教育センター。
豊富な講座と充実したシステム、確かな実績と伝統で、全国300万人の受講生から高い評価を得ています。

がくぶんの資料請求

資格の世間的な評価関連エントリー


コスメ