調剤薬局事務の資格と仕事まるわかり

調剤薬局事務の就業形態

調剤薬局事務に関する仕事への就職活動として、
今回は調剤薬局事務の就業形態についてご紹介しましょう。

調剤薬局事務は様々な就業形態で、
求人募集などが行なわれています。
主に正社員・パート・派遣社員などですね。

近年の日本は景気が不安定ではありますが、
正社員以外の雇用形態も多く確保されている調剤薬局事務の業種などは、
あまり条件にこだわらばければ仕事を見つけやすいという、
そんなメリットも持っていることになりますね。

調剤薬局事務を仕事としている方々は、
どういった経緯で今のお仕事をされているのでしょうか。

調剤薬局事務は経験が必要な仕事でもありますので、
やはり最初はパートや派遣社員として入るケースもあるそうです。
徐々に業務経験を積んでいき、能力が認められれば正社員、
なんていう展開も考えられるわけですね。

雇い主(調剤薬局)も、調剤薬局事務の業務は、
資格の知識だけでは勤まらないと判断しているということになります。

特にレセプト(調剤報酬明細書)の作成などの業務は、
調剤薬局の運営に関わる大変重要な業務となります。
膨大な処理が必要になる場合であっても、
処理に当てられる時間には限りがあるため、
経験を積んで正確に、素早く遂行する能力が求められます。

こういったことから、最初から正社員で採用されるということは、
あまりないと考えられています。

調剤薬局事務は資格を持たなくとも就職できる職業ですから、
最初はパートや派遣社員として働いておき、
その過程で調剤薬局事務の資格を取得する人も多くいらっしゃるようですね。

 

当サイトおすすめ講座
シカトル
介護・福祉・医療の資格のとり方や学校紹介資格講座の資料請求できます。
「講座内容」「日程」「料金」 の詳細を資料請求し、 ご自宅で比較検討していただけます。

シカトルの資料請求

がくぶん
通信教育85年の実績のがくぶん総合教育センター。
豊富な講座と充実したシステム、確かな実績と伝統で、全国300万人の受講生から高い評価を得ています。

がくぶんの資料請求

調剤薬局事務の就業形態関連エントリー


コスメ