調剤薬局事務の資格と仕事まるわかり

薬の知識

調剤薬局事務のお仕事内容を詳しく見ていきましょう。
今回のテーマは薬の知識についての話題です。

調剤薬局において薬の調剤・調合・処方を行なうのは、
主に薬剤師の方となります。
薬剤師は国家資格を持つ業務独占資格ですから、
本当に高度で専門的なスペシャリストに該当しますからね。

調剤薬局事務に従事する場合、
薬剤師ほどの薬へ対する知識は必要ではありません。

しかし、調剤薬局事務も処方箋を取り扱い、
レセプト(調剤報酬明細書)の作成などを行ないます。
そのためには薬についてのある程度の知識が必要となりますし、
調剤薬局で働く上では様々なケースで役立つこともあるでしょう。

具体的に起こり得る例としては、
患者さんへの処方薬について、
服用などの指導として詳細が記載された紙を、
患者さんへお渡しすることが多くあります。

もしくは病院から回されてきた処方箋などですね。

その紙の上で、ある薬剤の要量が誤っている、
そんなこともあるそうなのです。

よくあるのは大人と子供で用量が分かれている薬だそうで、
患者さんが子供なのに、大人の用量で処方してしまったり、
というケースがあるようですよ。

これに調剤薬局事務が薬剤の知識に基づいて気づくことができれば、
薬剤師に報告・相談することも可能となりますから、
薬によって発生するかも知れないトラブルを、
未然に防ぐことへも繋がるわけですね。

調剤薬局事務は患者さんの応対をすることも業務ですから、
患者さんなどから薬についてのクエスチョンを受け取るケースもあります。
ここで、病気に対応する薬のパターンを理解できていれば、
有益な情報をアンサーとして返せますよね。

 

当サイトおすすめ講座
シカトル
介護・福祉・医療の資格のとり方や学校紹介資格講座の資料請求できます。
「講座内容」「日程」「料金」 の詳細を資料請求し、 ご自宅で比較検討していただけます。

シカトルの資料請求

がくぶん
通信教育85年の実績のがくぶん総合教育センター。
豊富な講座と充実したシステム、確かな実績と伝統で、全国300万人の受講生から高い評価を得ています。

がくぶんの資料請求

薬の知識関連エントリー


コスメ