調剤薬局事務の資格と仕事まるわかり

薬歴簿への記入

調剤薬局事務のお仕事内容を詳しく見ていきましょう。
今回のテーマは薬歴簿への記入についての話題です。

調剤薬局で取り扱っている薬には、
かなりの種類があります。
そして、それらは同時に服用することで、
副作用として患者さんの身体にダメージを与えてしまう、
そんな組み合わせも存在しています。
調剤薬局事務としてはしっかりと認識しておきたい点ですね。

単一の病院にかかっている患者さんであれば、
あまりそういった危険性があることはありませんが、
複数の病院へ同時期にかかっている患者さんにとっては、
わりと身近で深刻な問題です。

 

これを防ぐために、調剤薬局では薬歴簿を作成しています。
調剤薬局事務が作成する薬歴簿の中に、
患者さんへ処方した時期、薬の種類といった、
細かい情報をデータとして保存していきます。

新しく薬を処方する段階で、
この薬歴簿の情報を併せてチェックすることで、
薬同士の危険な組み合わせというリスクを、
回避できる可能性が格段に高まるわけですね。

薬剤師の判断で危険があるとされた場合は、
処方箋にある薬剤の処方を中止するか、
同じ効果を持つ薬剤へ代用するなどといった対応が考えられます。

調剤薬局事務のお仕事としては、
薬剤師が患者さんへ処方薬の解説・指導を行なっているときに、
薬歴簿を記録・整理していることが多いそうですよ。

薬品は同じものであっても、規格が異なる場合もあります。
その場合は調剤薬局事務が正しい情報を薬歴簿へ記入しておかねいと、

レセプト(調剤報酬明細書)作成の段階で、
請求できる点数が誤ったものになる可能性が出てきます。

 

当サイトおすすめ講座
シカトル
介護・福祉・医療の資格のとり方や学校紹介資格講座の資料請求できます。
「講座内容」「日程」「料金」 の詳細を資料請求し、 ご自宅で比較検討していただけます。

シカトルの資料請求

がくぶん
通信教育85年の実績のがくぶん総合教育センター。
豊富な講座と充実したシステム、確かな実績と伝統で、全国300万人の受講生から高い評価を得ています。

がくぶんの資料請求

薬歴簿への記入関連エントリー


コスメ