調剤薬局事務の資格と仕事まるわかり

処方箋を管理する

調剤薬局事務のお仕事内容を詳しく見ていきましょう。
今回のテーマは処方箋の管理についての話題です。

調剤薬局では患者さんへ薬の処方を行ないますが、
そのマニュアルとも言える情報は処方箋に記載されています。

処方箋(院外処方箋)は、医療施設の医師などが用意するもので、
患者さんはそれをもって調剤薬局を訪れることになります。

調剤薬局事務が受け取った処方箋は、
しっかりと管理しなければなりません。

調剤薬局事務が最初に患者さんから処方箋を受け取り、
まずは記載内容を確認します。

調剤薬局事務は薬剤師ではありませんから、
このプロセスで確認するのは基本的な情報のみとなります。
例えば、処方箋自体の有効期限などですね。

 

この後、薬剤師に処方箋を渡し、
処方薬の調剤プロセスへと移行します。

調剤薬局事務の仕事はもう1つあり、
処方箋に基づいて調剤薬局が行なった処方内容について、
データとして「調剤録」へ保存する必要があるのです。

調剤録はコンピュータで管理させるのが一般的であるため、
調剤薬局事務としてはコンピュータを扱う基本スキルも必要となります。

また、これらの情報を元にして調剤報酬の請求業務を行なう必要があります。
調剤薬局事務で行なうレセプト(調剤報酬明細書)の作成ですね。

レセプト作成もコンピュータの専用ソフトを利用して、
入力・印刷することが一般的ですから、
やはりコンピュータのスキルは欠かせないものと言えますね。

 

当サイトおすすめ講座
シカトル
介護・福祉・医療の資格のとり方や学校紹介資格講座の資料請求できます。
「講座内容」「日程」「料金」 の詳細を資料請求し、 ご自宅で比較検討していただけます。

シカトルの資料請求

がくぶん
通信教育85年の実績のがくぶん総合教育センター。
豊富な講座と充実したシステム、確かな実績と伝統で、全国300万人の受講生から高い評価を得ています。

がくぶんの資料請求

処方箋を管理する関連エントリー


コスメ