調剤薬局事務の資格と仕事まるわかり

調剤薬局事務と医療事務の違い

調剤薬局事務と医療事務。
まず、両者に共通するポイントとして挙げられるものは、
最初に患者さんと接することになる仕事であるという点です。

患者さんから見ると、窓口で受ける印象次第で、
病院・診療所・薬局へ対するイメージが決まってしまうものです。
接客に関するマナーが必要とされます。

さて、医療の現場である病院・診療所などにおいて、
医療機関運営に必要な全ての事務を担当するの部門で、
専門職として働く人を医療事務といいます。

医療事務には医療全般の知識が必要とされています。
診察料・投薬料・注射料・検査料・手術料・入院料など、
医療行為で事務処理が発生しないものはありません。

また、医師や看護師との連携も重要な要素になります。

こういった医療現場から薬の処方業務を分化する流れがありますので、
近年では医療事務から薬局事務への転職を希望するケースが増加傾向にあります。

幅広い知識をもって医療事務をこなしていた人材にとっては、
調剤薬局事務は容易に受け入れられる業務内容ということで、
人材を探している調剤薬局としても、即戦力として安心できるわけですね。

一方、調剤薬局事務は、医療機関の医師が作った処方箋から、
その負担額を計算するという流れに沿ったお仕事であるため、
医療全般に関する知識は重要度が低くなります。
その代わりに、薬についての知識が必要となります。

医療事務にも調剤薬局事務にもレセプト業務は存在しますが、
幅広く複雑な医療事務と比較してしまうと、
調剤薬局事務は投薬料部分のみに範囲が絞られますので、
シンプルだと言うこともできるでしょう。

調剤薬局事務で必要とされるポイントとしては、
パソコン入力の正確さとスピードが挙げられます。
窓口で患者さんを長く待たせてしまわないためですね。
医療関係の保険について専門知識が必要とされます。

また、薬剤師との連携が重要な要素になります。

 

当サイトおすすめ講座
シカトル
介護・福祉・医療の資格のとり方や学校紹介資格講座の資料請求できます。
「講座内容」「日程」「料金」 の詳細を資料請求し、 ご自宅で比較検討していただけます。

シカトルの資料請求

がくぶん
通信教育85年の実績のがくぶん総合教育センター。
豊富な講座と充実したシステム、確かな実績と伝統で、全国300万人の受講生から高い評価を得ています。

がくぶんの資料請求

調剤薬局事務と医療事務の違い関連エントリー


コスメ